還暦パーティー


昨日は、15年来お世話になっている銀さんの還暦パーティーに参加してきた。

銀さんは、15年前、私が初めてアメリカでホームステイをするきっかけを作ってくださった西本夫妻の旦那さんである。

それ以来、大変可愛がってくださり、毎年「今年は帰ってこないのか?」という言葉に甘えまくって毎年アメリカで数日を過ごさせてもらっている。

昨晩の還暦パーティーは、銀さんの奥さんである芳枝さんが、銀さんの還暦のお祝いをみんなでしてビックリさせたいと銀さんには内緒で準備されたパーティーだった。

アメリカでは珍しい3連休の中日にも関わらず、40名にも余る方々が参加し、銀さんの人徳がなせる笑顔の絶えない素敵なパーティーだった。

以前、いつもお仕事をご一緒させてもらっているOさんとの呑みの席で「20代は点を作れ。30代は20代で作った点を線にしろ。40代はそれを面にしろ。」という言葉を聞いたことがある。

「点」というのは、仕事であったり、人との出会いであったり、体験、行動などを指していて、とりあえず若い時は何でもやってみよということである。

 そして、その経験を30代では繋げていき、40代では繋げた線で面を作って広がりを作れという話(だったと思う。若干酔っぱらってて記憶が怪しい…)。

銀さんから、この「点」を作るきっかけを本当に多く頂いた。

15年前のホームステイから始まり、その滞在中に経験したWeb制作がきっかけで帰国後Web制作を目指すようになり、今ではWeb制作をする会社をするようにまでなった。

また、アメリカに訪れる度に、ワイナリーめぐりやヨセミテに始まり多くの国立公園への旅行などなど、本当に嫌な顔一つもせず、色んな経験をさせてくださるのが西本夫妻だ。

 ちなみに、珈琲が好きになったのも銀さんの影響。

そんな数えきれない多くの経験や体験、人との出会いを与えて下さった銀さんには、本当に感謝してもしたりないのである。

1ヶ月前にも滞在していたこともあり、参加を迷っていたが、日本から駆けつけて本当によかった。

以前、西本夫妻にお礼を込めて食事のお代を払おうとした際、銀さんから「自分がアメリカに来た時、本当に多くの人に助けてもらったので、今は自分の番だから気にするな。次の若い子たちの為に使って。」と言われたことがある。

今後もこの言葉を忘れずに恩を返していきたいと思う。

銀さんと孫
定番の赤いちゃんちゃんこと頭巾。そして、孫。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です